スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音程を感じる練習
音痴の人にとって、「唄いながら音程を感じることができれば・・・」

って思いますよね。


音痴の人が音程を感じるには、練習が必要です。

で、どんな練習かというと、

それは身体を使った練習が一番効率的です。


音痴の人は、幼少のころから音楽に親しんでいるという人は少ないです。

かといって、大人になってから音楽をたくさん聴くだけでは音程は身に付かないんですね。


そこで、効果的に音程を感じるようにするために身体を使うと良いんです。

身体で感じることでその感覚が身につきます

特に視覚


身体の前で、手を使って音程の上下を表現する。

そうすると、視覚、身体の動き、そして音で、音程を身につけていけるんですね。


歌手の方でも、手で音程を表現しながら唄ってる方もいますよね。

なんか、「かっこいいなぁ」なんて思ってたけど、それだけじゃなかったんですね。^^;


では、実際にどのように練習していけばいいかというと・・・


>>自宅で治すことができる音痴克服法


>>レビューはこちら
スポンサーサイト
音程を取る方法
音痴の人にとって、音程をとることって難しいですよね。

自分ではちゃんと唄ってるつもりなのに、なぜかいつの間にか音が外れちゃってる。


でも実は、これには原因があったんです。

これを知ったとき、「こんなことだったんだ~!」って、

この原因を無視してちゃ、いくら練習したってうまくなるわけがありませよね。


ではその原因ですが、じつは音の伝わり方なんですね。

子どものころから音に親しんだり、歌うことが多かった人は自然に身につくそうですが、

そうでない人には、大人になってから音楽の多い環境に身をおいたとしても、

なかなか自然に身に付くということはないんだそうです。


なので練習が必要なのですが・・・


で、その音の伝わり方ですが、

人間は音を外耳共鳴と内耳共鳴2種類の音で聴き分けます。


外耳共鳴は耳から入ってくる音。

内耳共鳴は自分の声が骨伝導で伝わる音。


音痴の人は、この内耳共鳴で自分の音を聞いちゃうんですね。

内耳共鳴は、自分の声を増幅させるので、耳から入ってくる音とは違っちゃうんですね。

録音した自分の声って、普段聞こえてる声と違いますよね。そんな感じの違いです。


ですから、外耳共鳴の音を聴くようにすると音程が取れるようになるというわけです。^^

お風呂の中とかで唄うと、自分の声が良く響きますよね。


でも、もっと効率的に外耳共鳴の音で聴くようにできる方法があるんです。

それは・・・


>>自宅で治すことができる音痴克服法


>>レビューはこちら
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。