スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音程を感じる練習
音痴の人にとって、「唄いながら音程を感じることができれば・・・」

って思いますよね。


音痴の人が音程を感じるには、練習が必要です。

で、どんな練習かというと、

それは身体を使った練習が一番効率的です。


音痴の人は、幼少のころから音楽に親しんでいるという人は少ないです。

かといって、大人になってから音楽をたくさん聴くだけでは音程は身に付かないんですね。


そこで、効果的に音程を感じるようにするために身体を使うと良いんです。

身体で感じることでその感覚が身につきます

特に視覚


身体の前で、手を使って音程の上下を表現する。

そうすると、視覚、身体の動き、そして音で、音程を身につけていけるんですね。


歌手の方でも、手で音程を表現しながら唄ってる方もいますよね。

なんか、「かっこいいなぁ」なんて思ってたけど、それだけじゃなかったんですね。^^;


では、実際にどのように練習していけばいいかというと・・・


>>自宅で治すことができる音痴克服法


>>レビューはこちら
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。